酵素ダイエットの方法

酵素ダイエットには、大きく分けて、置き換えダイエット・酵素断食・酵素サプリメント…の3つの方法が存在します。他にも、酵素を用いたダイエット方法はありますが、代表的な方法は、この3種類ではないでしょうか。

置き換えダイエットというのは、1日3食のうち、1食~2食を、酵素ドリンクや酵素食品に置き換える方法です。酵素を用いたダイエットに限らず、置き換えダイエットというのは、人気のダイエット方法ですよね。1つの食品だけを食事代わりに食べるようなダイエット方法は危険ですが、多種多様な栄養素が含まれている市販のドリンクや、栄養のバランスのとれたスープなどであれば、しっかり栄養も補給しながらカロリーを抑え、ダイエットすることが可能です。酵素の置き換えダイエットも、通常のダイエットと同様、置き換えるのであれば、夕食に置き変えた方が1番効果がよく出ます。逆に、朝食のみを置き換えるのは、ダイエットとしての成果はあまり得られないかもしれません。1食~2食を酵素ドリンクなどにし、それ以外は普通の食事を行って下さい。ただ、普通の食事といっても、好きなものだけをたくさん食べるのではなく、やはりダイエット中なのですから、低カロリーで栄養バランスのとれたメニューを心がけることが大切ですし、腹八分までにしておくことが、ダイエット成功への秘訣だと思います。加えて、普通の食事の際も、酵素を多く含んだ食物を摂取すると、より高い効果を期待することができますよ。酵素は、レタス・セロリ・ニンジン・キャベツなどの生野菜や、パパイヤ・パイナップル・マンゴー・キウイ・バナナなどの果物、納豆・漬物・味噌・醤油・ヨーグルトなどの発酵食品、昆布やひじきなどの海草…等が挙げられますので、これらを上手に用いてたメニューを考えてみて下さい(もちろん加熱してはいけません)各種ビタミン・ミネラルなども同時に摂取することができますしね。もちろん、置き換えるのは、1食よりも2食の方が、早く効果も現れますが、無理をしないことも大切です。自分にあった回数を置き換えて下さい。もちろん、不調を感じたら、すぐに中断することが必要ですよ。

酵素断食というのは、ファスティングとも呼ばれていますが、1日~3日のみを酵素ドリンクのみで過ごすダイエット方法です。断食というと、断食期間中は何も口にしませんが、酵素断食の場合は、食事代わりに酵素ドリンクを摂取します。ですから、断食というよりも、プチ断食という言い方の方が正しいのかもしれません。酵素ドリンクのみを摂取する分、身体への負担も少ないですし、精神的にも耐えられるのではないかな、と思います。それに高い効果も期待できますから、やりがいもあるのではないでしょうか。ただ、水分補給は積極的に行う必要がありますから、ミネラルウォーターや、ノンカフェインのお茶など、身体への刺激が少ない飲み物をたくさん飲むようにして下さい。自分が意識している以上に、実は食事から水分を補給している量というのは多いんですよね。その分の水分もしっかり摂取するようにして下さい。断食中は、食事制限されているからといって、家でじっとしているのではなく、普通の生活を心がけるようにすると、効果が高くでやすいですよ。ただ、より高い効果を目指して、普段は行わないような激しい運動や、サウナ、お風呂へ長時間入ったりするような行動は、身体への負担が大きいですし、危険を及ぼす場合もありますからしないようにして下さい。酵素断食の上限は3日間まで。それ以上続けるのは、いくら酵素やその他豊富な栄養を含んだドリンクを飲んでいるとしても、身体へは悪影響となりますので、絶対にやめて下さい。また、1ヶ月の間に、何度も行うのも禁物です。断食後は、突然普通の食事に戻すのではなく、定番ですが、おかゆなど、胃への負担が少ないものから始め、ゆっくりと普段の食事に戻していって下さい。体調が良ければ、断食終了後も、3食のうち1食のみ酵素ドリンクのみにしておくと、リバウンドがしづらくて良いですよ。もちろん、体調が良ければ、です。断食中も、体調の不調を感じたら、迷わずに中断して下さい。

ちなみに、酵素断食には、1日断食と3日間断食などがあります。3日間断食の方が、当然、大幅な減量を目指すことができますが、3日間の食事が全て酵素ドリンクとなるので、人によっては、3日目あたりは空腹に耐えることに限界がきてしまうかもしれません。得られる効果は高いですが、無理は禁物です。酵素断食にも様々なやり方があるようですが、基本としては、3日間の酵素断食の場合、起床してから2時間ごとに、適量の酵素ドリンクのみを摂取したり、または、3食全てを酵素ドリンクのみに置き換えたり…というのが、般的となっています。1日目~3日目はそのようにして過ごし、そしてダイエット終了後の4日目~6日目は、補食期間として、徐々に食事を通常の食事へと戻していって下さい。そして、1日断食の場合は、1日目は3食とも酵素ドリンクのみを摂取し、そして2日目は補食期間として、朝食と昼食は補食、そして夕食から普通の食事へと戻していきます。

最後の酵素サプリメントを用いたダイエット方法というのは、食事は3食、普段と同じようにして、酵素が配合されたサプリメントを毎日摂取するダイエット方法です。当然のことですが、酵素を摂取しているから、消化・分解も向上するだろう・・・と、いつも以上にたくさん食べてOKなわけではありません。あくまでダイエット中なのですから、腹八分を心がけ、ヘルシーで栄養バランスの取れた食事をとるようにして下さい。また、間食を控え、運動を積極的に行うことも必要です。食事制限はありませんから、できるだけ身体を動かすように心がけて下さい。食事は普段と同じように摂取することができますから、精神的なキツさはありません。しかし、その分、ダイエットとしての効果が出るまでは時間がかかってしまいます。ですから、「短期間に減量したい!」または「大幅に減量したい!」という方には、この酵素サプリメントを用いたダイエット方法は向いていないかもしれませんね。減量する、またはサイズダウンする…というよりも、新陳代謝を活性化し、痩せやすい身体を作りたいと考えている方や、健康や美容のために、身体の中身を変えたい方などにピッタリです。

置き換えダイエットと酵素断食で使用する、酵素ドリンクというのは、各メーカーが販売している酵素を配合した植物発酵食品のことです。野菜・果物・海草・きのこ類…などを、乳酸菌や酵母菌などを用いて、熟成して製造されたドリンクです。もちろん、ダイエットのためだけに用いられるものではなく、健康のため、美容のために使用してももちろんOKですよ。酵素ドリンクは、他の酵素食品と比較すると、原材料となる素材の種類が非常に多いため、その分、栄養分が豊富に含まれています。メーカーによって、酵素ドリンクの原材料や製造方法にこだわりがありますから、配合されている素材の種類は異なっています。

しかし、どのメーカーが作る酵素ドリンクも、何十種類という野菜・果物・きのこ類・海草…が使用されており、もちろん、栽培方法や生産地などにもこだわっています。一概には言えませんが、国内産の素材をできるだけ使用しているイメージがあります。当然、添加物等は使用されておらず、また、酵素のパワーを破壊してしまわないよう、非加熱で製造されています。ゆっくりと、長い時間をかけて熟成・発酵して作らますから、非常に手間がかかります。その分、どうしても1本当たりの価格は高めとなってしまうのですが、それでも、価格が高い分、得られる効果も高いと思いますよ。

また、酵素ドリンクは、自分で作ることも可能です。時間と、そして少しの手間はかかってしまいますが、自分好みの素材を使って作ることができますので、これもまた楽しいかと思います。酵素ドリンクの作り方は、インターネット上に様々な作り方を紹介したサイトが存在していますので、是非ご覧になってみて下さい。飲み方は、市販の酵素ドリンクの場合は、説明書に掲載されている適量に水などを加えて薄めて飲みます。酵素エキスは、少々クセがあり、人によっては飲みづらいかもしれません。そんな時、野菜ジュースなどを加えるととても飲みやすくなるのですが、酵素ダイエット中は、できるだけ野菜ジュースや果汁のジュースを使わず、水で薄めるようにすることをオススメします。

もちろん、野菜ジュースを使ったからといって、ダイエット効果が得られないわけではないんですけどね。現在、インターネット上のランキングサイトや口コミサイトで人気のある酵素ドリンクには、ベジライフ酵素液・ベジーデル酵素液・お嬢様酵素・酵素八十八選・毎日酵素・アサイーベリービューティードリンクなどがあります。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。